カテゴリー:妖怪

  • 「すなしろさま」

    学校の妖怪というか学校の神様である。 ある学校に赤く塗られた鉄棒があった。それを指して子供たちは「すなしろさま」と読んだ。俗に言う(失せ物の神様)であり、探し物に関して願をかけると見つけてくれると言う。 やり…
  • 男の子を獲る「補陀落さま」

    8月7日に出る怪しい船。 普通女の子をさらう魔物が多いが、男の子が好きで本家筋の男の子を特に好む。 その集落では月7日の夜から翌朝にかけては子供は外に出てはいけないとされた。大人は近在の公民館のような場所に集…
  • 学校の妖怪「鉢背(はちせ)さん」

    学校に住んでいる妖怪。 学校の近所に神社があった。神社と学校の間に小道があった。この小道に出る妖怪が「はちせさん」であった。 この妖怪は、巨大な女であり、鉢を背負っていると言う。この妖怪とすれ違った時、振り向…
  • 幼稚園に出る謎の存在「山のおじちゃん」

    幼稚園に出る存在、幼稚園の裏にある山に住んでいるおじさん。それゆえに山のおじちゃんと言う名前がついた。 子供たちに人気がある。言うことを聞かない子は優しく言い聞かせたりすると言う。迎えが遅れた子供はおじさんが一緒に…
  • 山の中で人間を襲う妖怪「笑い女」

    山の中で突然、女の笑い声が聞こえてくる。 それが妖怪「笑い女」の仕業だ。その声を聞いた途端、山に詳しい者は作業をやめて里に降りてしまう。 降りる間、笑い声はついてくるが里が近くなると聞こえなくなるらしい。 …
  • 都市伝説系UMA「顔盗みの蛇」

    中国の山中に出る怪蛇。 タバコを嫌うので、山に入る時はタバコを必ず魔除けで持っていくと難を逃れる。 人間の顔を持つのが特徴で最期に飲み込んだ人間の顔を持つ。また、飲み込んだ人間の知識も会得している。昔、中国の…
  • 田んぼに出る馬の妖怪「田馬(でんば)」

    ある山里に出る。田んぼから首を出して現れる。 人間に会うと「ぶるるる」と笑う。この妖怪「田馬」に会うと水辺にしばらくは近づかない方が良い。「田馬」に水中に引きずり込まれるという。 山と山里の怖い話・不思議な話…
  • 大きなあくびをする「あくび塚」

    ある郷土史家の証言。一見、複数の石が散在するただの塚。 時々、その塚から「あーあー」という人間のあくびのような声が聞こえる。不気味なので地元の人は近づかない。 山と山里の怖い話・不思議な話 その8―雷鳥一号さ…
  • 何もしない牧場の妖怪「またまた」 

    ある牧場に出没する妖怪。 山の牧場に住んでいる。四つ足の動物の足の間からでないと姿が見えない。稀にこの存在に気がつく子供がいる。この妖怪「またまた」は悪さはしない。またこちらから何をしても反応しない。 ただ牧…
  • 術士の言う事を聞く妖怪「たけいづな」

    竹筒の中に生じた獣、稀に生まれる。 米と酒を与えて手なづける。一般の人には何も見えないが霊能者からは見える。 「たけいづな」を使う霊能者は、依頼者からの心配事を口にして竹筒と相談していたという。 山と山…

カテゴリー

ページ上部へ戻る