2016年4月9日と10日、愛知県名古屋市にある演芸場「大須演芸場」の公演にて「ザ・ドリフターズ」のメンバー高木ブーがトリ(主任)を務めた。

普段、お笑いライブにでることのない高木ブーがお笑いのしかも演芸場に出演することはかなり珍しく恐らく史上初のことと思われる。

だめだこりゃ

だめだこりゃ

2016年になってからドリフのメンバー、特に高木ブーの活躍は目覚しく、GWには幕張メッセで行われる『ニコニコ超会議』にも特別参加が決定している。

現在83歳と高齢であるにも関わらず、でんぱ組.incやももいろクローバーZと積極的にコラボするなど年齢をまったく感じさせないバイタリティには頭が下がる。

2004年にリーダーのいかりや長介が亡くなってから早12年。追加メンバーこそ現れていないが、長さんの遺伝子は日本に脈々と残されているのだ・・・と湿っぽく書いてはみたが、実はコレ冗談ではなく「長さんの遺伝子」は物理的にも相当数が残されていると言われている。

しかも、日本ではなく遠く離れたアフリカで・・・。いかりや長介は生前、芸能界屈指とも言える「アフリカ通」で有名だった。

人生でアフリカを訪れた回数は、実に30回以上とされ現地の民族から非常に愛された存在だったという。

しかも、メンバーの志村けんの言うところには長さんはアフリカに大量の愛人がおり、生まれた子供はみんな長さんの顔で生まれるためアフリカでは長さんの子供だけで構成された「長さん村」なる村まであるという。

出典元が志村けんだけにあまり信ぴょう性は感じないが、実はアフリカにはその名もズバリな「チョーサン」といういかりや長介そっくりな木彫り人形があるのだという。

「チョーサン」が日本のコメディアンいかりや長介がモデルだったかどうかは明らかではないが、いかりや顔の男性は神様のような扱いを受けるということだ。

長さんが亡くなった後、ドリフの新メンバーは「長さん村」の村民から抜擢しようという話もあったというが実現には至っていない。

文:大森エビフライ





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る