鳥越俊太郎氏「終戦時20歳」発言に騒然!不老不死・未来人説も囁かれる?

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏の東京都知事選出馬が決定し、先日出馬表明会見が行われた。

すでに他の報道にある通り、鳥越氏は「終戦時(1945年)、私は20歳だった」と発言していたが、実際は1940年生まれの5歳であり疑問の声が上がっている。一部ではケアレスミスとも言われているが、終戦20歳であれば、間違いなく徴兵検査も受けているはずで健康体なら兵士として戦ってるはず。5歳と20歳では戦争に対する捉え方は全く違うため、「間違いようがない」という意見がほとんどなのだ。

ATLAS編集部はあえて「鳥越俊太郎1925年生まれ説」を信じ、調査してみた。




まず、第一に鳥越俊太郎氏のルックスに注目したい。鳥越氏といえば70歳とは思えない、フサフサの髪が特徴だ。まったく後退する様子もなく、最近では体力アップのため筋トレを行っており、マスコミ用の年齢である76歳でも信じられないほど若々しい。考えてみれば、鳥越氏の見た目はテレビに出はじめたころからあまり変化はなく、仮に1925年生まれだとしともルックスはそこまで変わらないのではないかとされている。

また鳥越俊太郎という名前にも注目してみたい。

鳥越の「鳥が超える」とはズバリ、鳥の跳躍力をされていると思われる。俊太郎の俊は、俊敏の俊のため速さを表現している。つまり鳥越俊太郎の名前を訳すと「跳躍速太郎」。なんと、いきなり未来人っぽい名前になってしまうのだ!

もっとも名前は深読みではあるが、まずはちょっとだけ未来人説が信用できる証拠という部分にとどめておきたい。

なお、不老不死に関するアーカイブは他にも「日本の大学の記者会見に400年前の江戸っ子が乱入
カーツワイルの予言、人類はいずれ死を克服する」「40歳若返る薬が実在する」「キアヌ・リーヴスは100年以上前の写真に写っている」「さまよえるユダヤ人、キリストが再来するまで死ねない男」「タモリ仙人伝説、夕食を食べないから歳をとらない」「藤田紀子は20年前から歳をとってない」「始皇帝と徐福が憧れた不老不死 」「不老不死の生物「太歳」 」「加藤諒は不老不死だけど高血圧」「プーチン大統領不老不死伝説」などがある。

(若葉イチロウ ミステリニュースステーションアトラス編集部)

鳥越俊太郎





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る