【よゐこ濱口の不思議体験】霊感が強すぎた彼女に見えた寝室の幽霊とは?

よゐこ・濱口優といえば、不思議な話が周りに沢山ある事で知られている。

アトラスでもよゐこ結成に纏わる不思議な話や、濱口本人よりドッペルゲンガーが先に帰宅した話などを報じてきた。

関連記事
【真相究明】よゐこ濱口、結婚にショックの人多数…これって「濱口ロス」!?
【視聴者唖然】『めちゃイケ』終了!よゐこ濱口、変わり身の早さにアングリ




濱口は独身時代に霊感の強い彼女と付き合っていたという。

その当時、というかとあるマンションの二階に住んでいたのだが、彼女は寝室が怖いと言った。しかも霊感の強い相方、有野晋哉も寝室がヤバイと以前に指摘していたのだ。

ある時、彼女と一緒にマンションに向かって歩いていると彼女が何かを見るような感じで立ち止まった。

「どうしたの?」




濱口の問いに彼女は「なんでもない」とはぐらかした。

さらに歩き続けてマンションの駐車場が見えてきたとき、彼女は「きゃっ」と一声あけて目を隠して通り過ぎた。

「なんか見たやろ」

濱口が聞いても彼女は何を見たか教えてくれない。「この部屋から引っ越しした後教えてあげる」の一点張りであった。




数年後、引っ越しが決まり、そのことを改めて聞いてみると、濱口の寝室と駐車場の間に人間がぶら下がっていたのだという。

濱口が調べてみると、その部屋では確かに首吊り自殺があったらしい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る