「よゐこ」結成にまつわる不思議な話、喫茶店の霊感おばさんが語ったこと





今ではすっかり中堅芸人として人気の「よゐこ」の二人だが、コンビ結成には不思議な話があるという。

高校時代、濱口優有野晋哉の二人の行きつけの喫茶店があった。そこに霊感の強いおばさんがいたらしい。

関連記事
【視聴者唖然】『めちゃイケ』終了!よゐこ濱口、変わり身の早さにアングリ
よゐこ濱口優&南明奈、遂に結婚!あまりに遅すぎたのは「あれ」が理由!?
濱口や有野はよく占ってもらっていたが、ある時、有野はおばさんからこんなことを言われた。

「濱口くんは朝起きて歯を磨いて会社に行き、帰ってくるといった普通の生活をしていたら死ぬから、いざと言う時は協力してあげて」




高校を卒業し、有名ホテルの厨房に就職が決まっていた有野だが、濱口から「芸人になろうよ」と誘われ、『おばさんが言っていた事はこれだ』と思い、コンビ結成に動いたという。

これは濱口や有野が様々な番組で披露しているエピソードだ。

2018年8月2日、讀賣テレビで放送されている「ダウンタウンDX」にてスタッフが、このおばさんの現在の行方を追った。

すると喫茶店は既に閉店しており、マスターも亡くなっていた。喫茶店にいた霊感の強いおばさんはマスターの親戚であるが、今はマスターの遺族とも連絡が途絶えてしまったという。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『ぼくらのカーケシ ~懐かしのスーパーカー消しゴムでよゐこが遊んでみた~ [DVD]




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る