「鉄腕DASH」山口達也さんの姿、完全消滅!驚きの編集テクに視聴者も唖然

アイドルグループTOKIOが出演する日本テレビ系の人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』が5月13日に放送された。この日の番組は、山口達也さんの強制わいせつ騒動、およびジャニーズ事務所との契約を解除とTOKIOを脱退後、初の放送だった。

番組では人気企画「DASH海岸」「DASH島」の新作映像が少し流れたあと、過去の放送された名シーンを集めた「DASH島」の総集編を放送。もちろんグループ脱退済みの山口さんの姿はそこにはなく、出演シーンはすべて消去されていた。

ところが、山口さんは体力および技術担当として『鉄腕!DASH!!』にほぼ毎週出演してきたため、今回のカットされた放送にはかなりの無理があったようだ。




とりわけ、DASH島の開拓の拠点となっている「舟屋」(海面すれすれに建てられた漁船がそのまま収納できる2階建ての建築物)の設計および着工には、「棟梁」という呼び名もあった山口さんがメインとなって作業していることから、山口さんの出演シーンをオールカットすることは至難の技と思われた。

しかし、DASHスタッフは見事に山口さんの出演シーンを削除(腕や足など多少は写っていたが)したうえで、不自然にならないように映像を繋いで見事に1時間の放送を山口さん抜きでやり通したのだ。

この編集技術に対して、『鉄腕DASH』を視聴していたファンからは「編集スタッフさんの技術がすごい」「身を切る様な大変な作業だったんじゃないか」と大絶賛。この日のTwitter「話題のトレンド」で『鉄腕DASH』が堂々の1位となっていたのが印象的だった。

その一方、この放送を見て「もう山口さんは戻ってこれないんだ…」「過ちの大きさを改めて実感した」という今のTOKIOの置かれている現状を見せつけられたという感想も多く番組に寄せられれたという。

たぶんこの「神編集」に関してはスタッフ及び視聴者も複雑な思いを持って、この日のオンエアを終えたのだろう。

なお今回の事件に関して、アトラスではすでにいくつかの記事を報じている。




自殺防止の部屋で孤独の戦い」「あのドラマも封印!?」「CULENに合流!?」「城島、あの番組がポチャった!?」「無責任なNHK」 「アンビシャスが憑いている…」「サポートはタッキー?キムタク?」「あの映画はどうなる?」「城島が過労で倒れる!?」「再び2020年東京オリンピックの呪い」「ジャニーズ神話崩壊!」などが、代表的な記事である。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る