7月21日、日本テレビにて金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『ぼくらの勇気 未満都市2017』が放送された。

 本作は1997年に放送された連続ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』の続編にあたるもので、主演がKinKi Kidsの堂本光一、堂本剛のほか、相葉雅紀、松本潤、元ジャニーズjr.の小原裕貴ら当時のキャストが再集結。あれから20年後・・・の姿が描かれた。

 人気ドラマの20年ぶりの続編ということで放送前から期待の声が大きかったほか、KinKi Kidsの二人が揃って主演している本作は大きな話題になっていた。

 またネットでは放送直後からドラマに登場する小道具にも注目が集まっていたようだ。

 実は今回のスペシャル版は『ぼくらの勇気 未満都市』の20年周年とともに、KinKi KidsのCDデビュー20周年を同時に祝う企画でもあり、画面に登場する小道具はスタッフの遊び心により様々なパロディが潜んでいた。

 例えば堂本剛の手にした鯖の缶詰には「20 anniversary(20周年記念)」が、ミネラルウォーターには「カナシミブルー(KinKi Kidsのシングル曲)」などの文字が隠されていたのが確認されていた。

 さらにラストには堂本剛が「じっちゃんの名にかけて!」と当たり役だったドラマ『金田一少年の事件簿』のセリフを口走り、堂本光一は「俺に不可能はない」とこれまた当たり役だった『銀狼怪奇ファイル』からの名調子を披露する(さらに光一は『リモート』の名セリフだった「別に疲れてない」も発していた)など最後の最後までパロディ精神にあふれたドラマだった。




 ネットではこれらのサプライズ演出に「懐かしすぎて涙が出る」「KinKiの20周年にふさわしいドラマだった」と賞賛の声が相次いだほか、『ぼくらの勇気 未満都市』はパロディにされた『金田一少年の事件簿』や『銀狼怪奇ファイル』が今年2017年に惜しくも時間変更となってしまった土曜9時代のドラマ枠だったことから、今回のスペシャルドラマは「土曜9時ドラマの同窓会だったのではないか?」との噂も流れている。

 今回のスペシャルドラマによる粋な演出に思わず涙した、その昔ズバリ!これらのドラマ世代だった現在20代後半~30代男女がノスタルジアを語り合うことがしばらくの間続くのではないだろうか。

関連ニュース
バブル期に人気絶頂だったイケメン俳優A、台詞が覚えられず老人ホーム視察中
【血だらけ幽霊】落語界一の霊感の持ち主、林家三平が体験した怖い話
【笑っちゃ…駄目よ】ヅラで有名な関西の文化人B先生のハラハラする話
幽霊が見えすぎて引退した若手芸人、収録現場でも舞台でも亡者だらけだった!
超有名女優Cが錯乱、知られざるお岩さん憑依事件で撮影所が大混乱!!

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る