和歌山資産家覚せい剤殺人事件の謎!物音は死亡時間をごまかすトリック?

「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏が遺体となって発見された不可解事件に関してはアトラスでも報じてきた。

体内から致死量の覚せい剤が検出されたが、野崎氏には覚せい剤常用者に見られる食欲減退、体重低下がないことから、自ら摂取したものではなく、何者かに飲料や食事に混ぜて摂取させられたと警察は見ている。

資産50億円絡みの犯罪か、野崎氏の四千人に上る女性遍歴に起因する怨恨が生んだ犯罪なのか注目される。

しかし、一番気になるのは遺体が発見される直前、一階でテレビを見ていたお手伝いさんと奥さんが「ドンドン」という音を聞いている点である。




てっきり野崎氏が床を踏みならして奥さんを呼んでいるのではないかと判断したお手伝いさんは奥さんに「呼ばれてますよ」と二階に上ることを促し、二階の寝室に上がった奥さんが遺体を発見した。 そして悲鳴を聞いてお手伝いさんも二階に駆けつけたという。

遺体は下半身が裸で、椅子に座った状態であり、身体は固くなり死後硬直は始まっていた。

ここがポイントである。




死後硬直は死んでからしばらくしないと発生しない。既に遺体が硬くなっていたということは、物音がした時には既に死んでいたことになる。

では何故物音がしたのか・・・それは遺体が発見される直前まで野崎氏が生きていたと思わせるためのトリックではないのか。何らかの時限装置を使って床に物が落ちるように偽装したのではないだろうか。

これは和歌山県警に対する挑戦である。県警の捜査に期待したい。

紀州のドンファン関連の記事は、「紀州のドンファン、新妻本名判明、Facebookも特定」「紀州のドンファン殺人事件、家政婦に4千万の遺産、新妻の実家は娘の結婚を知らない」「紀州の資産家殺人、体内から覚せい剤検出、犯人はもうすぐ逮捕」「和歌山資産家殺人事件、物音は死亡時間をごまかすトリック?」などをアトラスでは掲載している。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る