「ミンキーモモ」だけじゃなかった!「おねがいマイメロディ」も地震を呼ぶアニメだった!

都市伝説ファンには有名な話だが「『魔法のプリンセス ミンキーモモ』は最終回が放送されると地震が発生する」とい噂がある。

「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(1982年)の本放送46話目(空モモの一期最終回とも呼ばれる)放送時には、主人公ミンキーモモの衝撃的な交通事故死を悼むように突如地震が関東地方で勃発した。




また10年後に制作された、第2シリーズの最終回63話目(海モモの二期最終回とも呼ばれる)放送時には日本海中部地震が勃発した。

また、1989年の再放送「空モモ」最終回にも東北で地震が起こっている。これらの一件によりアニメファンの間では「ミンキーモモの最終回では地震に気を付けろ!」と都市伝説となったのだ。

ところが「ミンキーモモ」と同じようにシリーズの最終回に地震が発生したアニメはもうひとつある。

それは「おねがいマイメロディ」という女児向けのテレビアニメだ。




「マイメロディシリーズ」(2005年)第1期の最終回放送中、石川県の能登半島にマグニチュード3.7の地震が発生した。なお、お話のラストはマイメロディの活躍によって「温泉が湧く」という不条理なもので「マイメロが地震を起こして温泉を湧かしたのではないか」と噂になった。

シリーズ第2期「おねがいマイメロディくるくるシャッフル」(2006年)の最終回でも同じ能登半島でマグニチュード7の地震が発生。しかも、ラストシーンは第1期同様、マイメロディが温泉を沸かすシーンが登場し幕を閉じた。

能登半島で発生した2つの地震による被害は少なかったものの、なんとも怖いジンクスである。なおマイメロディシリーズは計4期が放送されたが、第3期および第4期には地震は発生しなかった。

2016年8月31日には「マイメロディシリーズ」全208話が初のブルーレイとして発売されるので気になる方はチェックしてみるのはいかがだろうか。

(穂積昭雪 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る