【スポーツ因縁因果の逸話】山本聖子VS吉田沙保里、千代の富士VS貴乃花…





2018年4月29日、体操の全日本個人総合選手権が開催された。東京体育館には大勢の観客が押し寄せた。結果として絶対王者、29歳の内村航平(リンガーハット)が総合3位になってしまい、2008年から続けてきた連覇が10でストップしてしまった。

内村の連覇を阻止するのは、白井健三ではないかと言われてきたが、阻止したのは19歳の谷川翔(たにがわ かける)であった。現在順天堂大学の2年生であり、彼の師匠とも言える存在はアテネオリンピックのゴールドメダリスト冨田洋之である。

この人間関係にはいささか因縁がある。かつて富田の全日本個人総合選手権の連覇を止めたのは、当時19歳の内村であった。その内村の連覇を止めたのが、今回富田の弟子である谷川というから、これを因縁と言わずして何と言おうか。




弟子が師匠を倒したライバルにリベンジするパターンは他にもある。

リオオリンピックにおいて、ヘレン・マルーリスがレスリング女子53kg級で吉田沙保里選手に勝って金メダルを獲得したことは記憶に新しい。このヘレンの元コーチはダルビッシュ有選手の妻としても有名であるアマレス選手の山本聖子だ。山本は若き日の吉田に敗れてしまい、オリンピックへの切符を逃してしまった因縁の相手なのだ。その山本の愛弟子が吉田の連覇を止めたのだから因縁ぶかい深い話であろう。

また相撲の世界にも同じ様な話がある。初代貴ノ花に引退を決意させたのは若き日の千代の富士であった。その千代の富士に引退を決意させたのは、息子である二代目貴乃花(当時は貴花田)であった。その二代目貴乃花は、千代の富士の弟子であった千代大海に敗れることにより体力の限界を感じ、引退を決意したわけである。

因縁は巡るものだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る