他殺?女性遍歴4000人、紀州のドンファン遺体から覚醒剤…もうすぐ犯人逮捕 !?

2018年5月25日、和歌山県田辺市在住の資産家・野崎幸助氏が死去したことがわかった。

自宅二階で死亡しているところを発見され、当初は死因が不明とされていたが、警察による検視の結果、遺体から致死量の覚せい剤が検知された。

覚せい剤は自ら服用したものか、他者に摂取させられたものか不明だが、身体に注射痕がないことから、食べ物や飲み物に混入されて、知らずに摂取したものと見られている。




野崎氏は10代からビジネスに勤しみ、金融や不動産で成功。50億円もの資産を持つ立志伝中の人物であり、田辺市では有名な富豪であった。

関連動画 ©ANNnewsCH
「紀州のドン・ファン」男性遺体に覚醒剤・・・不審死か(18/05/31)

また無類のプレイボーイとしても知られ、生涯で4000人の美女に30億円を貢いだと自著の中で豪語していた。

野崎氏は、以前にも50歳も年下の当時交際中だった女性に、貴金属数千万円と現金数百万円を盗まれている。この時、テレビの取材に対して「私にとって1億円は紙切れのようなもの」と発言し、物議を醸した。

この野崎氏の死去の二週間ほど前に、野崎氏が「遺産を全てあげたい」と話していた愛犬が死去。その死因も不審である。病気や老衰ではなく、突如苦しみ出し動物病院に向かう車の中で死亡したというのだ。この愛犬の死も毒殺ではないかと推測されている。




2018年2月18日に野崎氏は20代前半のモデルの女性と結婚しており、新婚生活3ケ月での惨劇となってしまった。 覚せい剤を致死量まで盛られた野崎氏の死、さらに愛犬の不審な急死・・・これは何を意味するのか。

現在、莫大な遺産の継承者となった新妻から、警察は慎重に事情を聞いている。

事業を展開するにあたって野崎氏は、恨みをかったこともあるかもしれない。とすれば、犯人は一体誰なのか?早急の逮捕を望む。

紀州のドンファン関連の記事は、「紀州のドンファン、新妻本名判明、Facebookも特定」「紀州のドンファン殺人事件、家政婦に4千万の遺産、新妻の実家は娘の結婚を知らない」「和歌山資産家殺人事件、物音は死亡時間をごまかすトリック?」などをアトラスでは掲載している。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る