【画像あり】メキシコに巨人が出た!?写真にも捉えられた巨大な人影

メキシコにて、巨人らしき生物が目撃され、さらには写真が撮影されて話題になっている。

例えばビッグフットのように体の大きな未確認生物はいるが、いずれも3メートル程度であり10メートルを超すような大きさのものはない(陸上生活する未確認生物の場合)。




だが、今回メキシコで目撃されたものは桁外れに大きく、伝説や創作の世界で出てくる巨人のようなサイズだというのだ。

先週、メキシコのサンルイスポトシのウアステカ地域の住民たちから、シウダードの町の近くに非常に大きな人間らしき生き物が出現したという目撃証言や報告が相次ぎ、さらには写真まで出てきたのである。

ある目撃者の女性は、「夫や子供と遊んでいたところ、爆弾が爆発したような音が響きました。丘の方から聞こえたので、地滑りかと思ったのですが、そこにあったのは巨大な痩せた男の姿でした」と証言する。時間は午後5時半頃、彼女の夫は初めは信じていなかったが、やがて家の中に入るように促したという。




にわかには信じがたい話だが、同様の報告が近隣の他の町からも続出。写真まで出てきたことで住民らの証言が裏付けられることとなったのである。

問題の「巨人」を捉えた写真には、確かに植え込みの間から上半身を覗かせる、長い頭で前傾姿勢の茶色い人影が捉えられている。

しかし微妙にピントがあっていないため、本当に巨人なのかどうか判断するのは非常に困難なものとなっている。

はたして、この巨人騒動はどこまでが真実なのか。それとも全体がデマであるのか。今後の調査が待たれる。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Artie_Navarre PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る