【放送事故】生中継のレポーターに悲劇!お先真っ暗…いや真っ白に

2020年4月16日に放送されたニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系列)にて、不謹慎ながらも思わず笑ってしまう放送事故があったと話題になっている。

この日、番組では新型コロナウイルスの影響により、ほぼ無人と化した京都の大通りへアナウンサーを派遣。人の往来などの状況をレポートしていた。

そして、その最中に事件は起こった。なんと、彼のかけていた眼鏡に異変が…。




この中継を見ていたほとんどの視聴者は、リポーターの片目がまるで眼帯をしたようになってゆくことに気付いた。そう、口を覆っていたマスクの影響で、眼鏡が真っ白に曇ってしまったのだ。

しかし、生真面目そうなアナウンサーは業務を全うすべく、一生懸命、なり振り構わずそのまま現地の模様をレポートを続行していたのだが、ついにはもう片側のレンズまでもが真っ白に。

ニュース番組生本番で放送禁止用語が…




さすがにこの光景に視聴者も耐え切れず可笑しくなってしまったようで、ネット上でも「失敬ながら思わず笑ってしまった」「報道内容が全然頭に入ってこない」「両目見えずによくレポートしたな」などとさんざんな反応だったという。

なお、現在、報道現場でもアナウンサーのマスクは義務化されているらしいことから、気温差がある日や雨天での戸外のレポートでは同様のトラブルが今後も発生することと予想される。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©acworks photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る