青森県八戸の海岸で職場の先輩が実際にテケテケに遭遇した

投稿 青森県八戸市 コロルさん

青森県八戸市のコロルです。八戸は、この3日雨降りで、積もった雪がすっかり溶けてしまい暖冬を実感しています。八戸市は港町なので、海岸の怪談が豊富なのですが、今回は、職場の先輩の友人が体験された「テケテケ」の目撃談をお便りいたします。(人づての話ですいません)

私は歯科医院に勤めているのですが、先輩スタッフさんから聞いた話です。

今から20年ほど前の春先の夜中、その先輩スタッフさんの友人が彼氏さんと海へドライブに行ったそうです。広い砂浜がとても美しく、夏は海水浴とキャンプで賑わう八戸市の白浜海水浴場に付いた二人、車から降り、話をしながら、ゆっくり波打ちぎわに向かって歩いていました。




すると、前方50mあたりに、暗い夜の海を背景にして、左右にスーーッ スーーッと移動する白い影が見えたそうです。

「ねえねえ?あれ何?」

よーく目をこらすと、パーカーを着た若い女の人が無表情に、音も無く、抑揚も無く、スーーッ スーーッと20mくらいの幅で、右にと左にと、速やかに平行移動していたそうです。

「ねえ、こんな夜中に、女の人ひとりでなんか変じゃない?」

その二人は、異様な光景に寒気しながらも、さらに目をこらしたそうです。

「ちょ!ちょっと、あの人、足が無い!」

なんと、そのパーカーの女の人は下半身が無かったそうです。上半身だけが、右に左にと……

二人は、無言のままバタバタと、半ばパニックになりながら、駐車場の自分たちの車まで猛ダッシュで砂浜を走ったそうです。やっとこさ車にたどり着き、ハァハァ息を切らしながら、ふと後ろを振り返ると、ついさっき、遠くで左右に平行移動していたパーカーの女の人が、なんと這いつくばって、足元からわずか2~3mのところにまで迫ってきていたそうです。

「きゃー!!」

二人は、車に飛び乗り猛スピードで白浜海水浴場をあとにしたとのことです。

上半身だけの女の人、これはまさに「テケテケ」ではないでしょうか!




落ちも効いていて、作り話の様な話ですが、先輩のその友人は、嘘をつくような人ではなく、真っ青な顔で話してくれたらしく、先輩は本当に本当の話だと言っていました。

直接聞いた八戸の海辺の不思議な経験談、まだまだありますが、今回は人づてでしたが、印象の強かった、テケテケ目撃談をお便りいたしました。m(_ _)m夜の海辺には近寄らない方がよさそうです(|| ゜Д゜)

それでは、山口敏太郎先生、タートルカンパニーの皆様、風邪などひかぬようご自愛下さい。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©SnapwireSnaps PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る