【ショック】火星表面に「エイリアンの死体」が!?地中に埋もれた人型を発見!





アトラスでは、これまでにも火星上で発見された謎の物体について多く報告してきた。

中には火星では存在し得ないはずの生命体らしきものの影も捉えられていたが、今回撮影されたものは非常に人に近い、いわゆるグレイ型エイリアンの姿に酷似しているとして注目を集めているのだ。

問題の物体はNASAが公開している火星探査機から送られてきた画像に映り込んでいた。

解りやすく色を付けてみると、画像のようになる。

大きく発達した頭部と、それに比べて貧弱な胴体や手足。半分地中に埋もれており、斜めに傾いでみえる頭部には鼻筋や閉じられた瞼がある事が確認できる。




以前、火星の地表に映っていたシスター服の女性らしき姿を紹介したが、あちらが心霊写真のようにぼやけた影のような姿だったのと比べると、こちらははっきりとした影も存在しており、実体のある何かであることが解る。

なお、解りやすく色分けしてあるが、実際には全体の色は火星の地表と同じく赤茶けた色になっているため、海外のUFO研究家からは「化石化した宇宙人か?」とする意見も出てきている。

火星上で発見される生物や構造物らしきものの姿は、その多くが自然のいたずらとも言うべき偶然の産物であるケースが大半だそうだが、果たしてこの宇宙人らしき姿はどのように解釈すべきなのだろうか。

文:飯山俊樹

関連動画
Alien Creature Stuck InThe Ground On Mars? Away Form It’s Ship? (Mars Mysteries)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る