来週発覚の裏切り者は誰だ…「下町ロケット」がSNS、学校、会社を騒がせる





TBS系列で始まった「下町ロケット」の人気が凄まじい。

前作と同じく胸が熱くなる展開に目が離せないと絶賛する声がSNSで多数見られる。

昨日の10月21日、第2話の放送が終わった。エンジニアの技術に対する絶大な信頼を持つ佃製作所の佃 航平社長(阿部 寛)が、ベンチャー企業のギアゴーストに15億円を融資するというところで物語は来週に続いた。




しかし、予告編で気になる言葉が画面に踊った。来週裏切り者が出るというのだ。つまり、佃製作所とギアゴーストの中に裏切り者がいるというのか・・・。特許侵害でギアゴーストを訴えているケーマシナリーというライバル企業と内通している裏切り者は誰なのか・・・。

裏切り者を探しでSNSは白熱している。

最も有力な候補者は、中村梅雀が演じるギアゴーストの顧問弁護士、末長孝明ではないかと言われている。あまりにも無能な弁護士ぶりに実は敵側とつながっているのではないかと指摘されているのだ。




また、徳重聡演じる佃製作所の軽部真樹男という社員も怪しいといわれている。協調性がない性格で怪しい雰囲気を漂わせており、彼は送り込まれたスパイではないかと指摘されているのだ。

果たして裏切り者は誰なのか。来週も見逃せない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©日曜劇場『下町ロケット』|TBSテレビ公式サイトより

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る