東京電力の圧力?反原発の沢田研二に声援多数!来年野党から立候補か





さいたまスーパーアリーナのコンサートを土壇場でキャンセルした沢田研二に日本中の注目が集まっている。

当初は、観客動員数を9000人と約束したにもかかわらず主催者が7000人しか集めることができず、それが理由でコンサートをキャンセルしたのではないかといわれていたが、どうやら違う話が出ている。

関連記事
沢田研二ファンには『鉄の掟』が存在…ジャニーズファンとよく似ている!?
沢田研二、コンサート突然中止!原因は健康問題?それともアノ事が原因?




それは東京電力からの圧力だと言うのだ。

沢田は今回のツアーで反原発の署名をある団体を使って集めており、さいたまスーパーアリーナの株主である東京電力がそれをよしとせず、政治的圧力をかけたと言う話が流れているのだ。

かつて現参議院議員・山本太郎の選挙活動で沢田が応援演説をやったことがあり、一部で沢田は反原発の活動家として知られている。2012年には反原発の思いを込めた歌をリリースしており、その思いはかなり強いものがある。




今回の騒動にはやはり大企業・東京電力の圧力があったのであろうか。

まだ未確認情報ではあるが、来年の参議院選挙に沢田が立候補するのではないかと言う噂が流れている。自民党が貴乃花を担ぎ出すのに対して、野党サイドが50歳以上の投票を期待して沢田を担ぎ出す可能性は十分にある。

果たして来年の選挙はどういう局面になるのであろうか。

(中村昭代 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『KENJI SAWADA

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る