名演技過ぎて娘が結婚できない!?菅井きんプロ魂「シワ一本ギャラのもと」





名バイプレイヤーである菅井きんさんが亡くなって、日本中にその死を惜しむ声が広がっている。

2018年8月26日、テレビ朝日系列で放送された「スーパーJチャンネル」で菅井さんにまつわるエピソードが披露された。

菅井さんには娘がいるが、あまりの名演技のため「あんなお母さんの娘さんはきっと性格がきついのに違いない」と誤解を受け、結婚話が流れかったことがあったという。幸い破談になることもなく、現在ではひ孫まで生まれている。

「必殺仕事人」を代表とする必殺シリーズでも、姑役は菅井さんの一番の当たり役であり、「ムコ殿!」という一言の演技に全力を傾けたらしい。寝る前に毎晩のようにこの四文字を練習をしたという。

また、私服で現場に入ってくる時は「皆さんお元気?」と実に感じが良い女性なのだが、いざ撮影が始まるとあのキツい姑に変身をしてしまったという。撮影現場のスタッフは皆、菅井さんのことを「お母さん」と呼んでいたくらいだ。

そんな菅井さんは鏡を見ながら「シワ1本、ギャラのもと」とよくつぶやいていたらしい。プロ中のプロである。




関連記事
冥途から復職した藤田まこと、『必殺仕事人2018』に違和感の声が続出!?
元KAT-TUN田中逮捕で『必殺仕事人2009』再放送は絶望!?
『必殺仕事人』藤田まことが結婚費用を稼ぐためにした最低な仕事とは?

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『必殺! THE HISSATSU [Blu-ray]




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る