羊を襲う吸血鬼!?ウクライナで羊が不可解な大量死





ウクライナで羊が「吸血鬼のような生き物」によって殺される事件が発生、農夫らは怒りと恐怖を感じているという。

この事件はウクライナ東部Ternopil Oblast地域のMatveevtsy村で発生。一晩で8頭の羊が死亡、羊の首には血を吸った痕と思われる傷が確認できたという。

このような死因で羊たちが亡くなるのは初めてであり、謎の吸血鬼のような生物が村の周囲にいるのではないかということで、村人たちの中には外出を控える人も出てきているという。




農夫のMykhailo Ostapyuk氏によると「羊の死体は農場に散在しており、何者かに襲われて一頭ずつ殺されたように見える状況だった」という。

獣医のMaria Andriychuk氏によれば、いずれの羊の死体にも首の動脈付近に2つの穴があり、体からは一滴の血もなかったという。すべての血液は、首や足に空いた穴を介して吸い取られており、羊が倒れていた近くの地面からは羊の血液が発見された様子はなかったいう。

農夫によれば、農場の塀の近くに不気味な足跡が発見されたともいう。果たして、家畜を襲う吸血鬼のような生物は実在しているのだろうか。




関連記事
Villagers spooked as sheep MASSACRED and ‘bodies sucked dry of blood by VAMPIRE creature’

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る