「カニが気持ち悪い!」南原清隆、トラウマが退行催眠で更に酷くなった!?





2018年8月20日、日本テレビ系列で放送された「ザ!世界仰天ニュース」にベテラン芸人の南原清隆が出演した。

香川県出身の南原は、実はカニが大の苦手である。

関連記事

メガネの理由・・・南原清隆に目の病気説!?ナンチャンファンが悲鳴






香川の海の近くの道路を歩いていると、海から上がってきたカニが車にひかれて死んでいることがよくあった。

カニの甲羅の模様がニコニコマークに似ており、道路にはぺちゃんこになったニコニコマークが、たくさん並んでいる。それをしょっちゅう見ていた南原はカニのことが嫌いになってしまったという。

かつてこの心の痛手を治すべく、退行催眠をやってみたが、逆にトラウマが酷くなってしまったようだ。




そのため自分が出ているテレビ番組の中継でカニが出てくるときは、どうしても顔をしかめてしまうので、ワイプから外してもらっていた。

しかし、カニを食べるのは大好きだと言う。なんだかよくわからない話である。
 
(和田大輔 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る