「(殺人タックルで)壊してこい」日大監督の指示!?選手は指示を受けただけ

アトラスでもすでに報じていることだが、日本大学アメリカンフットボール部による関西学院アメリカンフットボール部への殺人タックルが、大きな問題になっている。

既に日大アメフト部の殺人タックルの使い手の選手は特定され、プロフィールや名前がネットにさらされている。彼の今後はどの企業にも就職できず、暗いものになると思われるが、あのタックルは内田正人監督の指示だと言う風聞が流れている。

「壊してこい」という指示が、監督から出ていたという証言がアメフト部周辺から噂として漏れてくるのだ。




「壊してこい」とは尋常ではない指示である。これは本当だろうか、にわかには信じがたい。もし事実だとしたら、スポーツマンシップと大きくかけ離れた監督の指示であり、これは見過ごすことができない。事実を明らかにして!スポーツ庁は厳正なる処分を下してほしい。

被害者の選手は怪我が順調に回復しており、復帰の意向を見せているが、加害者の選手は退部、さらにはアメフト業界からの永久追放が噂されている。

しかし、もし万が一今回のタックルが監督の指示だったとしたら、加害者の選手は気の毒でならない。




関連動画
悪質タックルでアメフト選手が負傷 日大の試合中止(18/05/14)

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©ANNnewsCH YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る