「ノストラダムスの予言絵画」その正体に迫る!

先日、本アトラスで紹介した「ノストラダムスの予言絵画」。「1999年7の月〜」等の終末予言で知られるフランスの予言者・ノストラダムスが謎の絵を多数残していたというものだ。

絵は水彩画で実に80枚近くが存在しており、1982年にイタリア人ジャーナリストがローマの国立中央図書館で発見したとされている。しかし、他にも90年代に図書館職員が発見したとか、1888年に何者かが図書館に持ち込んだという記録も存在している。なお、蔵書番号は「ヴィットーリオ・エマヌエーレ文庫307番(Fondo Vittorio Emanuele 307)」となっている。

これらの絵はノストラダムスが描き、息子のセザールが献上品としてローマに持ち込んだものを修道士キヌス・ベロアルドゥスが後の教皇ウルバヌス8世こと枢機卿マッフェオ・バルベリーニへ献上したものだとされている。

関連動画
Lost Book Of Nostradamus Viewed Page By Page





絵はいずれも寓意に満ちており、ローマ法王と思われる人物たちの周囲で何が起きるかを予言したものだとされている。例えば地上に向かって語りかける女性の絵は、ファティマの聖母マリア出現を描いたものだという。また、堅牢な塔の最上部が燃えている図案は9.11アメリカ同時多発テロの様子を描いたのではないかとされているのだ。

様々な意図が読み取れる不思議な絵だが、これらの絵は本当にノストラダムスが描いて残したものなのだろうか。

実は、これらの絵は後世の創作である可能性が非常に高いとされている。

そもそもの絵柄が15世紀初頭に欧州に出回った歴代ローマ教皇を予言した「全ての教皇に関する預言」に登場する挿絵と酷似している。またノストラダムスの「百詩篇集」を始めとする著作に関しては昔から研究者が多く、草稿が存在するのではないかという説も出てきていたが、彼らもこの予言絵画については何の言及もしていない。

そのため、一連の予言絵画はノストラダムスとは関係のない、後世の偽作ないしは「全ての教皇に関する預言」の複製品とみるのが正しいようだ。




関連動画
リアル・ノストラダムス、2018年の予測が明らかになる!!!必見!!!恐れることなかれ!!!

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©spartanchip YouTube キャプチャ画面

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る