これがUFOが姿を隠していた証拠だ!?探査機が撮影成功!





UFOは一般に、我々の地球の存在する太陽系外に住む、非常に優れた科学技術を持つ異星人が乗り込んでやって来るものと考えられている。

神出鬼没で、普段その姿が確認できないのは、巧妙に雲の中や地中、月などの他の天体にその姿を隠しているらしい。

そんな「姿を隠しているUFO」のように見える謎の物体が確認され、話題になっている。

問題の物体は、YoutubeのBP EarthWatchがNASAのサービス「アイズ・オブ・ソーラーシステム」上で発見したもの。

探査機が撮影した映像を確認する事ができるのだが、黒い円形で半立体的な物体を中心に、6分の1ほどの長い円弧が描かれている謎の物体が捉えられていたことがわかる。




円弧の部分も立体的に見えることから、発見したBP EarthWatchのメンバーは、これを「地球や太陽系を訪れた異星人のUFOがシールドか何かを張って姿を隠している状態を捉えたものではないか」という説を述べている。

一方で、幾何学的な図形に見えるため、UFOではなく単なるノイズか何かではないか、という意見も存在する。

果たしてこの影の正体は何なのだろうか?

多くの意見が出てきているが、現状正体は不明のままとなっている。

この動画では、他にもノイズとは思えない太陽の周辺を自在に飛び回る謎の飛行物体の姿などが紹介されている。

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
OBJECTS IN OUR SOLAR SYSTEM/UPDATE




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る