初めて「空飛ぶ円盤」を目撃!1947年6月24日「ケネス・アーノルド事件」

6月24日は世界中で「UFO記念日」とされている事をご存じだろうか。




この日は世界で初めてUFOこと「空飛ぶ円盤」が目撃された、記念すべき日なのである。

1947年6月24日、ケネス・アーノルドが謎の飛行物体を目撃したとされる「ケネス・アーノルド事件」は近代におけるUFO事件の嚆矢ともいえる。この日、彼は自分のセスナ機でアメリカはワシントン州カスケード山脈のレーニア山付近の上空高度2,900メートルを飛行中であった。

この日の前日、海兵隊の輸送機が消息を絶っており、彼も捜索に参加していたのだ。すると、レーニア山付近の上空を北から南の方角へ高速で飛んでいく9個の奇妙な物体を目撃。音もなく、「皿が跳ねるような」奇妙な飛び方をするそれは、あっという間に空の彼方へと飛んでいってしまったという。

Kenneth Arnold1

さて、UFOというと円盤や皿状のものを想像しがちだが、目撃者であるアーノルド氏が目撃したものは、ブーメラン型ないしは三日月型とも言える形状の飛行物体だった。しかし、記者の質問に対し、目撃した飛行物体の飛び方は「水面をスキップする皿のようだった」と回答したところ、その部分が大きくクローズアップされた形で報道されてしまったのである。

実際、当時の新聞記事には大きく「フライングソーサー(空飛ぶ円盤)」という見出しが大きく載っている。

ところが、ここから奇妙な事が起きる。新聞社の見出しと報道内容があまりにショッキングだったためか、「空飛ぶ円盤=フライングソーサー」という言葉に引きずられるようにアメリカで「円盤型の飛行物体」を目撃したと主張する人々が次々と出てきたのだ。

ここから、現在まで続く「空飛ぶ円盤」や「未確認飛行物体」の伝説が生まれることになる。ちなみに、目撃者であるアーノルド氏自身は自分の見たものを「ソ連など、外国の秘密兵器ではないか」と疑っていたようだ。

KennethArnold3

6月24日は世界中のUFOファンにとって特別な日のようで、場所によっては記念イベントやお祭りが行われるという。

今日はあなたも空を見上げてみてはいかがだろうか。もしかすると、アーノルド氏と同じように「謎の物体」を目撃することができるかもしれない。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る