自動書記で特攻隊員の絵を描き、英霊と心が通じた!? 

投稿   匿名希望さん  

こんにちは。敏太郎先生、いつも楽しく拝聴させております。アトラスラジオは、私の一番のお気に入りです。

匿名希望で、お願いいたします。50代会社員女性で娘と息子は自立しております。

今年、元日に久しぶりに絵を描こう、と思い立ちました。私は、たまに自動書記状態になります。何が出てくるか、わからないのです!




紙の上に現れたのは第二次大戦時の、いわゆる「神風特攻隊」の隊員さんの姿、桜の花、海、飛行機。ググってみたら、似た面立ちの隊員さんが数人、実在していらっしゃいました。飛行機の型も、有りました。

なので、気になり、彼らゆかりの神社に、初詣に出かけました。当然、桜は咲いていませんでしたが、彼らの爽やかな「気」を感じました。

我が家には、亡き身内を簡単に祭ったスペースがあるのですが、その夜、突然そこの空中に、異空間が現れました。なんと、青い海、青い空、そこに飛んで行く小さな飛行機の姿?それは、一瞬で消えましたが、同時に若い男性の声で、「上手に飛べたよ!!️」と、聞こえました。

無邪気で、得意気な調子でした。

私は、愕然としましたが、心のなかで、つぶやきました。『飛べたよって、帰りの燃料積んでないんでしょ?』

すると、心に、返事がきました。『自分は、日本の守りになれて、良かった。誇りに思って!これからも、日本を守るから』と。





………….

あまりに気高い志。彼らの犠牲の上に成り立っている、今の私たちの平和?

夕べも、短く彼らと話しました。心の中(妄想と言われれば、その通りですが)で、

『今の日本人とか、守るの!?️』
『守るよ、日本が好き、こうして(私と)魂が引き合って、話せて、嬉しい、本当は、いつでも、どこでも、日本人みんなと繋がりたい。日本のために力をつくす』

と、爽やかに語ってくれました。彼らに、恥ずかしくない、日本人でいたい。勇気ある決断を下す自分でいたい。

そんなことがありましたので、日本人的精神論からは程遠い私が、こういう話をするのは、気恥ずかしいのですが、彼らの清々しく、気高いスピリットは健在だと知ったので敏太郎先生にシェアしたくなりました。

では、これからも、アトラスラジオ頑張って下さい。応援してます\(^-^)/

画像は投稿者作画 

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る