「室内の小さな虹」「床に突然穴が開く」…これらは宇宙人の仕業!?

投稿  FUGA2919さん

突然のメール失礼いたします。ATLASラジオを毎日拝聴してますFUGA2919と申します。

以前の放送で(宇宙人に埋め込まれた件)話されていた、額に銃を撃ち込まれた感覚という話があったと思います。自分もある時期、寝ている時に額の所がドーンって感じで首が枕にめり込む?ぐらいの嫌な起きかたを毎日していました。

今はなくなりましたが、その時は『マジ、ムカつくわー』くらいで済ませてましたけど、コレって宇宙人にイタズラされていたってことですかね?ラジオを聴いていて同じ体験をしてる人がいてビックリしました。

またある日、自宅でくつろいでいると、床から1メートルぐらいの高さにA3サイズぐらいの虹?SF映画で空間が裂けるような色のパネルみたいなものが浮かんでました・・・。

一瞬で消えましたが、また次の日にまたソレが現れました。自分の体の横からてんとう虫か蝿みたいな虫のようなのが現れ、床から上に上がっていきました(ふらふらしながら)。殺虫ラケットで叩いてやろうと思ったのですが、虹のようなパネルみたいものが現れ、ソレに吸い込まれるようなかたちで消えてきました(スターウォーズでワープするみたい)。

今考えると、アレ(虫みたいのも含む)はなんだったんだろうと思います・・・手のひらサイズのUFOは聞いたことがありますが、虫サイズのUFOっているんですかね? 敏太郎さんならアレがなんだったっかわかると思いメールしてみました。




あと20年くらい前の話ですが、スポーツジムでエアロビクスをしていたときに床がパカッと開き、穴に片足を突っ込んでぶっ倒れたことがあります🤣。

周りの人はなんだ?みたいな顔してましたが・・・その時も一瞬で空いた穴は消えて床に戻っていました。ちなみに穴の中は真っ暗でなにもなかったと記憶してます。この話も宇宙人の仕業ですかね?もしそうだとしたら『ふざけやがって、うっしし』って感じです。

他にも親父の霊?の話とか書きたい事があるのですが、今回はこのへんでやめときます。長文になり失礼いたしました。

毎日、ATLASラジオを楽しみにしています。大変でしょうが、敏太郎さん頑張ってください。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©DrSJS PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る