龍神様との出会い 【前編】 

投稿 愛媛 Mさん

私は現在、主人と7才の娘との3人暮しです。この話は娘がまだお腹にいた8年前にさかのぼります。娘を授かった頃、夫婦2人で暮らしていたマンションは、私の実家は車で10分ほどの所にありました。

私は主人が仕事でいない日中は、度々実家へ帰っていました。そんなある日いつものように実家へと車を走らせていたのですが、実家の近くまで来たとき、なぜか別の道を通ってみたくなり、いつも曲がる角とは違う、二つ手前の角を曲がり、住宅街へ入りました。そしてまたすぐ左へ曲がり、50mほど走ると、左手に賃貸という看板のかかった一戸建ての家を見つけました。

私は、なぜか車を停めてその家の庭へ入り玄関の前に立ちました。勿論、鍵はかかっており中には入れません。今思えば、空き家とはいえ勝手に敷地へ入るなど、普段の私なら絶対にしない行動です。でもどうしても中を見たくて、賃貸の看板に書かれていた不動産屋へ電話をしました。

「1時間後であれば現地へ行けます」と、お返事を頂けたので、約束の時間まで実家で待つことにしました。その物件から実家までは徒歩だと5分ほどのところです。

実家に到着して、母に物件の話しをすると、母は「なにを言ってるの!?マンションがあるのに、何のために見に行くの?」と母があきれていました。なぜなら、私達夫婦の住むマンションは4年前に購入したばかりだったからです。




とりあえず、なんとか母を説得して物件を見るため一緒に連れて行きましました。どうでも良い話しですが、現地で不動産屋さんと合流すると、その人は母の知り合いの息子さんでした。

鍵を開けてもらい玄関のたたきを入った所まではなんともなかったのですが、1階の和室と2階へ上がる階段と2階の部屋にとても違和感を感じました。「ここ、何かいるなぁ~」とすぐ分かったのですが、でもこのときに私が感じたのは、神様系ではなく、死霊や動物霊など腐敗の気配でした。

そういう類を強く感じる合間合間に、わずかに何かが息をひそめて気づかれないようにしているのが感じとれました。でもこの時点ではそれが何なのかは分かりません。

私は物件を内覧しながら『家に呼び込まれている。私をここへ連れて来たいものが呼んでいる。どうする?どうしよう?でも私が来ると決めてしまったら、ここへ住む仕組みが起こりだすなぁ、どうしよう』と、こんなことを考えながら見てまわりました。

一通り物件を見終わると、母が不動産屋さんに「ここ、お家賃はおいくら?敷金礼金は?」などと質問をしはじめ、私には「一度夫婦二人で見に来たら?相談なしに一人で決めるわけにいかないし!」と言い出したのです。

この母の変わりように私はビックリしました。

庭は広いですが、家自体は3LDK 築30年の古家でした。お風呂、トイレは昔のタイル貼り。壁といえば、リビングだけは白いクロスでしたが、それ以外の壁は、分厚いベニヤ板でした。

そのころ私達夫婦が住んでいたマンションは市内でも注目されていた建物だったので、引っ越しが決まった後で「(゚ д ゚)!古家へ移り住む理由が分からない!!」と誰もが口々に言っていたようです。

その日の夜、主人に昼間見た物件の話をして、今度の休みに一緒に見に行ってほしいとお願いしてみました。主人の第一声「はっ?今更なんで賃貸物件なんか見に行かなあかんの?」という反応でしたが、でもすぐに「ほな行くだけ行ってみよか」と言ってくれました。

主人の休みの日にもう一度内覧させてもらい、なぜかその場で契約の話になり1週間で契約完了!翌月の12月1日には引っ越し完了。

マンションは分譲貸しにするつもりでしたが、どうしても売ってほしいという人が4人現れ、3人がローン審査で落ちて4人目の人で売買成立。マンションの売買契約も古家へ引っ越した後、2週間で片付きました。

古家へ引っ越した頃、私達はよく寝る前にベットの中で「なんか怖いな~ なんや(~_~;)これ….. いっきに事が動いて、気づいたら帰る家がもうないんやで!ここで暮らすしかないんやで(゜o゜)」と、こんな話を2人でよくしていました(笑)

それから半年後の6月、ある霊能者に来てもらわなければならい出来事が起こり始めます。

浮遊している霊を一掃してもらうためにです。私は断片的ではありますがいろんな記憶をもって生まれてきており、いろんなややこしいものが見えてしまったり、予知夢を度々見たり(阪神淡路大震災、東北の震災などもみました)人の前世が見えてしまうことや、電化製品を次々壊していく人間でした。でも出産後(2012年7月出産)あることを解決してからは、敏感な日が続くときもありますが、ピタッとその感が止まったりを繰り返しています(今現在もです)。




古家に住む前から分かっていたことではありますが、異次元の者たちがあまりにも騒がしく、私自身が疲れてきたのと、庭には目には見えないお地蔵さまが一体いらっしゃって、それプラス、目には見えない祠もあるので霊能者に来てもらうことになりました。

まずは死霊の一掃をしてから、お地蔵さまの御霊を上へお返しして頂きました。祠に関しては、私には祠の後ろからしか見せて下さいませんでした。正面から見せてもらえないので、なんの神様をお祀りしている祠なのかがはっきりわかりませんでした。霊能者も見えないと言っていました。祠に関しては手つかずのまま霊能者は帰りました。

このころから、私は度々白い龍の夢を見るようになります。夢だけではなく、夜中に目が覚めると白い煙がゆっくりくるくると舞っていて、一瞬私は火事かと思い血の気が引いたことがあります。よく目をこらして見てみると顔があり、その顔は間違いなく龍でした。

夢や、深夜に度々現れる白い龍に私も、少し慣れはじめ特に気にしなくなりかけていた頃、古家の建つこの土地が無性に欲しくなりました。なぜか欲しくて欲しくて!仕方がなくなり、お借りする時に仲介してくれた不動産屋さんに家主さんに売ってもらえるよう頼んでほしいとお願いしてみました。

不動産屋さんから、ご予算はおいくらでお考えですか?と、聞かれました。最初は地域の正当価格を提示したのですが、電話を切り台所に立った瞬間「1200 万で話がまとまる。1200万!!」と、誰かが教えてくれました。

声なき声というか、その聞こえ方は一言では表現できません。上手く伝えられずごめんなさい。

土地は、きれいな形をした62坪です。この地域で、62坪の土地が1200万で売られているのを見たことがありません。主人にこの出来事をすぐ伝えると「1200万? それは、いくらなんでも無理やろ」と言われました。

とりあえず、不動産屋さんへすぐ電話をかけ直し「さっき伝えた金額ではなくて1200万で売ってもらえないか、家主さんに聞いてみて下さい!」と頼むと不動産屋さんは「聞くくらいは、タダなんで聞いてみますよ。でもまぁ期待はしないでくださいね」と言っていました。

【中編】に続く

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る