メジャーリーガーのカメラにビッグフットが写った!?

メジャーリーグ、デトロイト・タイガース内野手のジョーディー・マーサー選手が、ビッグフットが写った?と思われる2枚の静止画像を自身のTwitterに投稿して話題になっている。

問題の画像には、確かに画面の右から左へ歩いていく大きな二足歩行の生物の姿が捉えられている。




こちらの画像は11月18日と19日にオクラホマの牧場で撮影、野外で野性動物の様子を記録する監視カメラトレイル・カムが捉えたものである。

マーサー選手はTwitterにて「誰か、これが何か知ってる?」と呼び掛けているが、どこまで本気なものかは解っていない。

ニコラス・ケイジ、UMAについて激白 




今のところ正体は不明なままのようだが、このような写真の「ビッグフット」は単にピントが合っていない普通の人間である可能性があるのだとか。また、マーサー選手の知らないところで第三者がいたずらをしていた可能性もあるという。

果たして、今回はどちらなのだろうか。マーサー選手のツイートから、皆さんも想像してみてはいかがだろうか。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©sandid PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る