アパートでの霊体験談 

投稿 元葬儀屋さん

アパートやマンションの賃貸住宅に引っ越しをしたらそこで心霊体験をしてしまった話はよく聞きます。私は自分で霊感が強いかどうかは分かりませんが、霊感の強い人達が私によく心霊体験の話をしてくれるのです。

1、「クローゼット」

私の会社の霊感の強い同僚などは新築と言う事で安心してそのアパートに引っ越しをしたのだそうです。入居当日の話です。内装は新しいので、どこを見ても気分がよく安心して眠りについたのだそうです。眠りについてどれくらいたったのでしょうか。

ふと目が覚めたそうで、なにやらどこからともなくコツコツ・・・コツコツと音が鳴っているのが聞こえており、時計を見ると午前2時だったそうです。なにか別の部屋から聞こえてくる音なのだろうという事でまた寝てしまったのだそうです。

しかし、その音は次の日も、またその次の日も同じ時間に聞こえてくるのだそうで、いったいどこから聞こえてくるのかと、確かめるためにその日は午前2時まで起きていたのだそうです。

午前2時になりその音は聞こえてきました。そして、その音の場所をたどっていくとクローゼットの中からその音はしていたためにクローゼットを開けて、さらに音の場所をたどるとそれはクローゼットの中の壁の向こう側から聞こえてきたのだそうです。

そのアパートの構造上クローゼットの中の壁の奥には隣の部屋は存在しなくて、まるで誰かがアパートの外からコツコツと壁をつついているようにか聞こえなかったそうです。

そんな不気味な音の原因を知ってしまった会社の同僚は直感ですぐに引っ越しをしたのだそうです。




2、「美人の女性付きマンション」

これは会社の同僚の兄の心霊体験談です。彼は中古マンションを購入したそうで引っ越しも終わり、その日は会社から帰宅したのだそうです。

すると、台所で見ず知らずの女性がなにやら料理をしていたといいます。霊感の強い会社の同僚の兄はすぐに幽霊と気が付きましたが、その女の霊はとても美人だったのでそのまま特に気にもせずに住み続けさせたそうです。

彼は幽霊でも美人だと怖くないのかも・・・というか、幽霊でも美人だったので嬉しかったのかもしれません。

3、「部屋に居たもの」

これは大学時代の友人の住んでいるアパートの部屋での実際に起こっていた事です。

その部屋には姿のハッキリしない小型の動物霊が部屋の中をピヨンピョンと跳ね回ってるのだそうです。友人曰く、怖くないから特に気にしないのだそうですが、その得体の知れないものが動物の霊なのか異世界の未知の生物なのか、そのものが怖くないとは驚きでした。しかし、私はあえてその部屋を訪れたいなどと口にしませんでした。

関連記事

アパ―トの白い影・私の親友の命を奪ったもの 




4、「ハズレのアパート」

前回、私と同じアパートに住む私の親友との体験談をお話しをしましたが、その後に私は別のアパートに引っ越しをしたのです。その時の私自身の体験談になります。

私は二階建て6世帯の1DKの古いアパートに引っ越しをしました。冬の或る日の事、私は玄関に近い部屋でこたつで寝ていると何かの感覚を感じて、上半身だけ起き上がり、気配のする玄関の方へ目を向けました。

そこには閉めたはずの玄関の扉がほんの少し開いていて、その間からこちらをじーっと見ている知らない女が居たのです。私はゾッとするものを感じましたが、ドアの隙間からこちらを見ている女はすぐに姿を消しました。

閉めたはずの玄関の扉がどうして開いたのだろうか、それともさっきの女が扉を開けたのだろうか、なんの目的で玄関の扉を少し開けてその隙間からこちらを覗いていたのだろうか・・・。とにかく気持ちの悪い事が起きた事は間違いなく、このアパートへの不信感が募りました。

その後、或る日私は夜にベッドで寝ておりました。私は怖がりなのでいつもスモール電球を点けて、ラジオを聞きながら寝ているのですが、その日は私の首が誰かの手により首が絞められる感触にあり、驚いて飛び起きました。するとスモール電球の薄明りの部屋の壁や天井全体にお経のような文字が広がっているのが見えたのです。その光景を忘れるためにすぐさま電気をマックスにラジオのボリュームを上げました。

今、自分に起きた事を振り返って思い出そうとしましたが、自分の首に手をまわされた感触だけが鮮明に感じられ気持ちが悪くなりました。

その後アパートの住人にこのアパートに何か問題がないのか探りをいれたりしましたが、最終的にはアパートのドアを開けられ家の中を覗く女の不信な行動やその他の情報から、もしかするとその女の生霊の可能性があるかもしれないと感じたのです。

またハズレのアパートに当ったてしまったと反省しながら、私はまた引っ越しを決意したのです。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ぱくたそ


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る