あの鮮明なビッグフット映像はどうやって撮影できたのか?

先日、本アトラスでは有名なパターソンフィルムに匹敵する?とアメリカで騒がれている「史上最高のビッグフット映像」について紹介した。

だがその映像が撮影される前、ユタ州でも山々をうろついているビッグフットらしき暗い姿が動画に捉えられていたのだ。

関連記事

パターソンフィルムを超えた?鮮明なビッグフットの姿が動画に捉えた!




問題の動画は、夜の山の中を走る車のドライブレコーダーによるものである。

車がカーブで曲がる時、木々の間から大きな暗い色の生物が出現。ほんの一瞬だが二足歩行する巨大な生物の姿が明らかになる。運転していた女性は生物に気がついたのか、非常に混乱した声が動画にも入っている。

その後、撮影者らはカメラに写ったものが何だったのかを確認するため、カメラを手に山の中に入った。




そして撮影されたものが、以前紹介した森の中で動くビッグフットの動画だったのである

果たして、彼らが夜の山で出会い、撮影に成功したものはビッグフットだったのか。大半の視聴者からはクマを撮影したものではないかとする冷静な意見が寄せられているようだが、証言が正しければ2日に渡って謎の生物を目撃、記録することに成功したことになる。動画に写った生物の正体が気になるところだ。

関連動画
カップルがユタ州の山々に隠れているBIGFOOTを見つける(未だ最も説得力がある)

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Lawlonehunnit YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る