トランプ難病、プーチン暗殺!?2019年ババ・ヴァンガ衝撃の予言!





オカルト界での年末年始の風物詩が、多くの人々が下す予言の数々だ。人は誰しも未来に起きることを予め知る事は出来ないため、予言とその内容はやはり注目を集めることになる。

海外では、昨年に引き続きブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの残した2019年に起きるとされている予言が注目を集めている。

関連動画
Baba Vanga Predictions for 2019

ババ・ヴァンガは1911年にブルガリアで生まれた女性の予言者だ。彼女は12歳の時に竜巻に遭い、失明。しかし変わりに未来を見る力と、人々を癒す力を授かったという。




彼女は残念ながら1996年に亡くなっているが、彼女の死後も予言は当たり続けている。彼女が的中させた予言はソビエト崩壊、アメリカの9.11テロと初の黒人大統領であるオバマ大統領の当選、東日本大震災など様々だ。

2019年の予言に関しては「プーチン大統領の護衛チームが12カ月以内にプーチン大統領を暗殺する」「トランプ大統領が吐き気、耳鳴り等に苦しめられる謎の病気になる」「2019年9月にパキスタン、インド、インドネシアを津波が襲い、850人が亡くなり、日本にも影響がある」等の予言があるようだ。

特にプーチン大統領とトランプ大統領の二人に関する予言は興味深い。アメリカとロシアのツートップが揃って病気になったり、不幸が起きたりすれば世界が混乱に陥ることになるかと思われるが、果たして?

≪こんな記事も読まれています≫
2018年は中国が台頭する!?ブルガリアの超能力者ババ・ヴァンガの予言
イギリスEU離脱は序章だ!?ババ・ヴァンガ預言と欧州の未来!

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る