【タイ発】村人が沼地に引きずり込まれる!?地元の人々は超自然的な力を疑う

タイの村にある沼地で溺死事件が発生、多くの住民が何らかの超自然的な力が働いたのではないかと疑って騒動になっているという。

地元メディアの報道によると、この奇妙な事件は9日にノンブーという集落で発生したという。デッチという名前の男性が蓮のさやを採取中、沼の水の中に引きずり込まれるようにして消えてしまった。

一部始終を見ていて恐ろしくなった妻のクロム・フェーンはすぐに当局に通報し、すぐに警察や地元の人々が現場に集まった。当初は沼とはいえ現場も明らかになっているしすぐに見つかるかと思われたが、デッチ氏の遺体が発見されたのはなんと14時間後の真夜中すぎ。現場には40人もの人々が集まって捜索していたがデッチの姿は全く見つからなかった。




偶然にも男性はワン・プラという仏教の聖日に姿を消していた。しかも遺体が日付の変わったタイミングで、さんざん探したはずの沼に引きずり込まれた地点で発見されたという事実は地元の人々に混乱をもたらした。多くの村人は「何らかの超自然的な力が働いて彼を死に追いやり、聖なる祝日が終わるまで捜索隊から遺体を隠したのではないか」と噂しているという。

デッチ氏がなぜこのような不可解な死に方をしたのかについては、”彼の善行が原因で “不吉なものに襲われたのだという説が村では有力なようだが、当局はこの超自然的な仮説を否定している。一報で亡くなったデッチ氏の友人や家族は、この不気味な事件の裏には本当に何か特別な因果が働いていると固く信じているそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Robert PastrykによるPixabayからの画像

TOCANA関連記事
タイで村人が沼地に引きずり込まれ死亡! 仏教の聖日に発生、住民「善行のせいで悪霊に殺された」

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る