区長も謝罪!漫画家山本さほ、世田谷区役所担当M山からヒドイ仕打ち





漫画家・山本さほ氏が2018年10月2日、「区役所と仕事したまんが」というTwitter漫画を自身のアカウントに投稿し、話題になっている。

海外の姉妹都市から世田谷区を訪れた外国人の子供たちに対して漫画を教えると言うワークショップを、世田谷区役所からオファーを受け引き受けたところ、とんでもない騒動に巻き込まれてしまったのだ。

とにかく漫画に出てくる区役所の担当者M山の行動が無茶苦茶である。




市の施設とマンガ喫茶の2カ所を会場として間違えておさえてしまったにもかかわらず、マンガ喫茶の会場キャンセル料2万円を山本のギャラから差し引くと言ったり、山本があらかじめ送っていた資料を紛失してしまったり、「コピーは自分でとれよ」と逆ギレしてみたり、その稚拙で自分勝手な行動がSNS上で大きな問題となったしまった。

既に世田谷区長が謝罪し、女性の区議会議員も山本のTwitterに登場し、謝罪を行った。会場となったまんがの図書館ガリレオもTwitter上で山本に対して会場キャンセル料20000円は請求しないと表明している。




事件のダメージは各所に及んでおり、姉妹都市であるオーストラリアのバンバリー市が山本に謝罪をしたり、まんがの図書館ガリレオの店長が倒れてしまったりと、様々な人が区役所の担当者M山の自分勝手な行動により迷惑を被っている。

すでにこの不埒な男・M山の氏名や住所、顔写真がネットで晒されており、今後さらに個人情報が公にされる可能性が高い。区役所もこの男に対する懲罰を考えているらしい。厳重な処分を下してもらいたいものだ。

関連記事
https://tr.twipple.jp/p/2d/169851.html

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『無慈悲な8bit(3) (ファミ通クリアコミックス)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る