本物の幽霊だった?Googleストリートビューで撮影された「自宅に潜んでいた子供の幽霊」





小さい子供が、実際には存在しない、自分にしか見えない友達を作って遊ぶ事がある。大半は子供の豊かな想像力の産物だと思われているが、中には実体のない幽霊と遊んでいたと考えられるケースも存在している。

こちらの写真はスコットランドのアレクサンドリア在住のある家をGoogleストリートビューで撮影したもの。画像をよく見ると、2階の部屋の窓にあるカーテンの間から暗く恨めしげな子供の顔が覗いている様子が解る。

この家に住んでいるのはあくまで一般の家庭なのだが、この顔を発見した一家の母親は恐怖を感じずにいられなかったという。




関連動画
5 Most Mysterious Creatures Caught on Google Maps

なぜなら、彼女の幼い娘が「家の中にいる小さな男の子と遊んでいる」と語っていたからだ。娘はその男の子をジョニーと呼んでおり、いつもベッドの上で遊んでいるとしていた。だが、そんな男の子は見たことがなかったため、母親も娘の話はあまり本気にしていなかった。

だが、その後家の中の照明が頻繁に明滅したり、娘の持ち物が手も触れていないのに動いている、更には誰もいないはずの部屋から男の子らしき話し声が聞こえた事から、もしかして本当に見えない「男の子」がいるのではないかと考えるようになった。その矢先にGoogleのストリートビューで窓から覗く子供の恐ろしい顔を見つけてしまったのだという。




しかし、母親は娘がその男の子について恐怖を感じていないことや、家族に危害を加えようとする様子がみられない事から「本物の幽霊だったとしても、危険性は感じられないので経緯を見守っていく予定だ」としている。

参考記事
Brit mum sees ‘ghost of little boy’ in window of flat on Google Maps

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Google Maps

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る