アニメ映画「ラブライブ(実質完結編)」の内容は、主人公「高坂穂乃果」役を演じた新田恵海の未来を予言していた?!

投稿 ミスター☆ブシにゃん

アニメ映画「ラブライブ(実質完結編)」にて、主人公「高坂穂乃果」が『グループの将来に付いて悩んだ時』に現れた『未来の自分自身(劇中では謎路上ミュージシャン)に諭される』というエピソードが有りますが、その彼女の現在の姿『→主人公の将来像(何らかの理由でグループ解散、独り路上ミュージシャン続ける)』が、今にして思うと、主人公「高坂穂乃果」役を演じた『新田恵海サンの今の姿(AV出演疑惑発覚後)』を、まるで「暗示」していたかの様に思えてなりません。

結局「ベッキーさん」の様に『自分のファンに対して正直に心情を吐露・謝罪』する事はせず、ひたすら「ウヤムヤに誤魔化し終わらそうとした」結果『出演AV第二段発覚』で、更に「にっちもさっちも行かなくなった」彼女は、今や他の『ラブライブ出演声優からも距離を置かれ(劇中グループμ’s再結成不能→実質解散状態)』で、まるで劇中の「路上ミュージシャン(未来の主人公)」の様に『孤独に声優活動を続ける結果』になってしまったというのは「皮肉」でも有ります。

それにしても、今「映画のエピソード」を振り返ると、こんにちの「結果」との『類似形(暗示性)』が改めて不思議に思われます。

それにしても「ベッキーさん不倫発覚」時の「ゲス極新曲」のタイトルが『両成敗が止まらない』だったというのも含めて、今年は『色々な事に暗示性が含まれている』様に思います。

(原文ママ)





 


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る