車の前を横切ったのはビッグフットだった!?米で多発する獣人UMA目撃例





アメリカにてビッグフットをはじめとする未確認生物の調査・研究を行う民間団体BFROの調査官R. Monteith氏のもとに、2017年のケースであるがフロリダ州マナティーにて奇妙な生物を目撃したという報告がスケッチとともに寄せられたという。

目撃者によれば、2017年の7月のある日、午前5時頃にハイウェイ62を運転中に奇妙な生物を目撃したという。

「この日、私たちは夜釣り旅行から家に帰る途中だった」と目撃者は語る。「私たちの車の前にはもう一台車が走っており、車間距離もありましたが、その生物は車と車の間を素早く横切っていきました」




この生物は巨大で色が濃く、直立して走っていたという。目撃者によれば「人が走ったときに出るような肩の動きはなかった。腕を振ることなく頑丈に走っていた」という。

同乗者も同じく生物を見ており、非常に長い足をしていて、沼の泥を思い出すような奇妙な臭いが漂っていたことに気付いたと語っている。

先日、本アトラスでは久々にフロリダで悪臭を放つ獣人型UMAスカンクエイプが出現した?と報告した(水害を逃れようとしたのか?フロリダでスカンクエイプらしきUMAが出現)。捜査官らも2つの報告の類似性に注目しており、この地域で獣人型UMAの動きが活発になっているのではないかとして調査を重ねる予定だという。




関連動画
Top 15 Most Convincing Bigfoot Sightings Caught on Tape

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る