【ワールドカップ都市伝説】コンフェデの呪い…バロンドールの呪い!





世界中が熱視線を送るワールドカップ、ロシア大会。今夜はいよいよ日本代表の初戦である。

果たして結果はいかなる事になるのか。

今回はワールドカップにまつわる都市伝説を幾つか取り上げよう。

サッカーファンの間で、ワールドカップのプレ大会と言われるコンフェデレーションズカップ。 実はこの大会で優勝した国はワールドカップで優勝出来ないと言われている。「コンフェデの呪い」と呼ばれる有名なジンクスだ。

まあ、コンフェデの優勝国は各国から徹底的に調査・分析されるから敗退してるだけだろう。因みに昨年のコンフェデの覇者はドイツである。




「バロンドールの呪い」も有名である。

世界一のサッカー選手に贈られるのがバロンドールであり、受賞者がいる国はワールドカップで破れてしまうという。昨年度のバロンドール受賞者はクリスティアーノ・ロナウド。つまり、ポルトガルは呪いがかかっている可能性がある。

また、過去20回の歴代大会での優勝国は、大会が開催された大陸の国であることが多い。 となると優勝国はフランススペインあたりが有力になってくるのではないだろうか。

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る