松本人志も心配?大食いタレント・ジャイアント白田、体調不良説!

ギャル曽根もえあずらと共に「大食いタレント」として知られる、ジャイアント白田に昨今不穏な噂が囁かれている。

それは「ジャイアント白田体調不良説」である。

ジャイアント白田といえば、かつて「寿司 20皿(40貫)を36秒で完食」「60分で牛丼22杯を完食」など数々の大食い・早食いの公式記録を持っている大食いタレントとして有名だが、ここ数年はあまり量を食べられないようで、その体調が視聴者から心配されているという。




確かに、ジャイアント白田は近年は大食い企画にチャレンジしても途中で試合を放棄するような姿が見受けられているほかにも、よく出演している『水曜日ダウンタウン』でも「今回も白田は全然食っていなかった」「白田はさほど大食いではない」とナレーションでイジられている状況だ。

現に5月16日に放送された『水曜日ダウンタウン』で放送された大食い企画では白田本人は出演こそしなかったが、番組MCの松本人志は「アイツ(白田)は全然食わないな!」「白田は好きじゃない!」とわざわざ名前を出してまで非難していたため、最近の白田の「食べなさぶり」は業界における既成事実のようである。




実はジャイアント白田は2007年に放送された『元祖!大食い王決定戦』にて「フードファイターとして一線を退く」と明言しており、現役のファイターとしての活躍は行っていない(バラエティ番組には引き続き出演している)のだが、引退後から数年間は通り名の「大食い魔人」にふさわしい活躍ぶりを見せていた。

しかし近年では件の通り、その勢いも失せ、まったく食べられない状態が続いている。現在、ジャイアント白田は39歳のアラフォー世代。そろそろ内蔵機能も弱ってくる年齢であり、過度な大食いはもう体力的に厳しいのかもしれないが、奇跡の復活を願うファンの声は数多いという。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『“ジャイアント白田”最強の飲食店づくり

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る