大食いアイドル「もえあず」のプロフィールが縦横無尽すぎて都市伝説レベル

2017年1月1日にテレビ東京で放送された「大食い世界一決定戦!」において米国の大食い決勝戦に出場するも残念ながら「過呼吸」で負けてしまった「もえあず」こと「もえのあずき」のプロフィールが「ブッ飛びすぎて訳がわからない」と今、アイドルマニアの間で話題になっている。

もえのあずきは女性アイドルグループ・バクステ外神田一丁目のメンバーで1988年2月1日生まれの今年29歳である。アイドルとしてはやや年長組になるが、同志社大学卒の高学歴で数多くの資格を所有している資格マニアとしても有名。所有する資格は野菜ソムリエ・フードアナリストなど大食い女王らしい食べ物の資格が並ぶなか、一級小型船舶操縦免許・秘書検定といったアイドル活動とはかけ離れた資格も所有している。




また、もえのあずきは「大食いアイドル」と並行し「セレブアイドル」としても活動している。もえあずの実家は8億2000万円の超豪邸。父親の職業は不明だが競走馬を10頭ほど所有している馬主であり、旅行はヘリコプターを使用しディズニーランドでは特別待遇を受けるなど超大物だという。

さらにもえあず自身も株式投資を趣味としており、個人資産でいえば日本の全アイドル中、文句なしのナンバーワンらしい。そのうえ、2012年頃には前述の「大食い」の才能が突然開花してしまう。

握り寿司175貫、わんこそば700杯、、グリーンカレー14皿(4.14kg)一升チャーハン(2.5kg)などの記録を持ち、たった数年で日本を代表する「フードファイター」として成長を遂げてしまった。

「高学歴」「資格マニア」「セレブ」「株式」そして「大食い」。




アイドルとしてはどれか一つでも当てはまれば十分に武器となるのにも関わらず、もえあずはいくつもの肩書きを持ちすぎており一部では「もはやスケールが人間ではない」と話題になっている。

ちなみに本人のTwitterいわく「本業は歌手」とのことであるが、皮肉にも他の肩書きがスゴすぎてあまり浸透していないという悲しい意見もある。2017年は「もえあず」の活躍に要注目か?

(文:ツチノココアラ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

もえあず

関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る