【米軍か?】哀川翔主催のキャンプ大会は毎年グレードアップ!ついに露店も出現?

Vシネマの帝王のこと哀川翔が毎年主催するキャンプ大会は毎年規模がグレードアップしているという。

最初は哀川翔の家族ともう1グループくらいの小規模なものだったが、もともとアウトドアが大好きな翔さん。気がついたら人数が10人、50人、100人と増え、最近では実に300人を超える参加者が毎年、静岡県の某所でキャンプを行っているという。




翔さんのキャンプスタイルは「3食メシ食って、あとは自由」というザックリしたもので、野球をしようが寝ようが鬼ごっこをしようがとにかく自由。夜には200発を超える打ち上げ花火が空を舞うという。

そのためか、最近では冷蔵庫やシネマスクリーンをわざわざ持ってきて映画を観る人がいたり、焼きそばやラーメンの屋台が勝手に営業をはじめるなど、あまりのフリーダムっぷりが話題になっているとか・・・。

そのキャンプ技術はもはや米軍並か?

(望月歌寿彦 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

哀川翔




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る