『仮面ライダー』シリーズが一時打ち切られた原因は…あのキャラだった!?

現在も放送が続く『仮面ライダーシリーズ』(テレビ朝日系列)。本年度(2018年)の『仮面ライダービルド』でTVシリーズ累計28作目となる本シリーズは、第1作目の『仮面ライダー』(1971年)から実に約47年にも渡り新作が毎年のように作り続けられている。

ただし、47年間不休で作られたわけではなく、中断した時期もあるのだが、とある都市伝説によると『仮面ライダーシリーズ』の中断事情には以下のような悲しい(?)事情があるという。




テレビのライダーシリーズは1988年の『仮面ライダーBLACK RX』から2000年の『仮面ライダークウガ』まで約12年間も中断している時期があった。ところが当時『BLACK RX』の後には、もう次の仮面ライダーの新作の企画が控えていたという。

しかし、『BLACK RX』が放送していた同時期には別のテレビ局(フジテレビ系列)の『とんねるずのみなさんのおかげです』のワンコーナー『仮面ノリダー』が子供を中心に大ヒット、とても高い視聴率を稼いでいた。

ノリダー人気は本家の仮面ライダーを凌ぐほどで、「今の子供達の間ではライダーよりノリダーのほうが人気が高い」という話を小耳に挟んでしまったライダーのプロデューサーがとても落胆して「作るのが馬鹿馬鹿しくなった」とサジを投げてしまい、新作ライダーの企画は頓挫してしまったといわれているのである。




なお、『仮面ノリダー』はそれほど高い人気があるにも関わらず、映像のソフト化がされていない。また先日発売されたDVD『みなさんのおかげでBOX』の中でさえも未収録となっている。

その理由は、くだんの通り天下の東映の怒りを買ったがために許可が降りないのではないかとマニアの間では推察されているが、さてその真相はどうなっているのだろうか。

関連記事
『仮面ライダーの呪い』に事実なし?椿隆之は不死鳥のごとく蘇るヒーロー!
仮面ライダー剣こと天野浩成、妻の雛形あきこを大好き過ぎて仕方ない!
「仮面ライダー」と都市伝説

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『仮面ライダーBLACK RX Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る