「仮面ライダー」と都市伝説

 石ノ森章太郎の代表作「仮面ライダー」にも都市伝説があるという。

 アトラスでは仮面ライダーに関していくつかの都市伝説を記事にしてきた。例えば、仮面ライダーに殺人犯が出ていたとか、サムライ仮面ライダーの人間くさいエピソード仮面ライダーにイルミナティの影仮面ライダーの呪いはなかったなどが代表的か記事である。

 実は仮面ライダーとショッカーの戦いは、共産ゲリラの組織と警察の戦いを意味しているという。「仮面ライダー」が生まれた70年代、学生運動を筆頭に日本の共産ゲリラ的な闘争は段々と弱体化していた。次世代の子供たちに、反社会的な組織に対する嫌悪感を植えつけるために、「仮面ライダー」の設定が作りこまれたというのだ。

 考えてみると、「仮面ライダー」の敵役である悪の秘密組織・ショッカーは有望な若者をさらって、改造手術を施し怪人にしてしまう。

 更に、ショッカーの世界征服という思想で洗脳するのだ。このあたり、数々のマインドコントロールで共産ゲリラや学生闘士が洗脳されていった経過も似ているし、ショッカーの歴代幹部も共産主義国や独裁国家の匂いを発している。




 また、ショッカー、ゲルショッカー共に「ゾル大佐」「死神博士」「地獄大使」「ブラック将軍」、これら肩書きなどはいずれも資本主義諸国が敵国とみなしてきた共産主義国家や独裁国家の政治家や軍人、官僚、科学者を暗示しているかのように見える。

 首領、幹部、怪人、戦闘員で構成されるショッカーは、トップダウンのピラミッド組織になっており、いかにも反政府の組織っぽい。組織から脱走した裏切り者(=仮面ライダー)に容赦ない点もゲリラ組織の粛清を連想させる。

 水道に毒を入れる、毒ガスを散布する、幼稚園バスをジャックするなど、テロに近い怪人の作戦などもゲリラ運動の反政府組織っぽいかもしれない。

 よく冗談で「世界征服をやりたいのに、幼稚園バスなんかジャックしてどうするんだ」というツッコミを聞くのだが、人命を盾にしたテロ組織の条件要求と解釈したら、納得がいく。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
「ニチアサキッズタイム」時間変更やはり失敗!?視聴を断念する子供も多数
【爆笑都市伝説】『仮面ライダーアマゾン』変身シーンで緑色の物体が!
練馬で「仮面ライダー」が目撃される?「バットマン」「ウルトラセブン」も出没
陸王で人気沸騰、イケメン俳優・竹内涼真のカノ女はアイドルの里々佳!?
『亜人』と『コウノドリ』での全く異なった名演技、綾野剛は二重人格だ!?

画像『日めくり仮面ライダー』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る