令和時代になり草薙剣を動かしたため日本列島が水難に見舞われた!?

投稿 匿名希望さん

オカルト好きな私は敏太郎先生のATLASラジオを楽しみにしています。

介護福祉士として10年介護の仕事をしていましたが、昨年は体調を崩して6月から5ヶ月程休職していました。そんな中テレビを見る機会も多くなり、皇室行事に伴う雨が多く、台風被害のニュースが連日報道されていました。




被災された方は大変だなと思い、仕事から帰ってきたオカルト好きな息子に何気に話していると、“草薙剣”を皇室の行事で動かしたから、日本は水に関する災いがあると言うのです。スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したときに大蛇の尾から出てきたのが”草薙剣”という古事記の話をしてもらい、遠い昔の神様が現在でも影響しているのかと感心を持って聞いていました。

この話が職場復帰してからおやつの時間に私の頭の中で繋がるのです。

時空を超えた?どういう事なんだと混乱した私は息子にあるお爺さんの話をしました。御年95歳、週1回デイサービスに来られますが、私の勤務も週3回なので、お爺さんの通所が重なる事も少なく、また通所と私の勤務が重なっても、午前午後ともにお爺さんは臥床されていてあまり話しをする事ができないでいました。

お爺さんは年相応の物忘れがありますが、足腰、目、耳、食事も問題なく四世帯で生活されているようです。また隠居前は庭師を生業とし、五條川の千本桜は自身が植えたと自慢していました。

ある時「いつだったかな、伊吹山に”草薙剣”を取りに行き、熱田神宮に持っていったんだよ」と突然話しをされ始めました。私は、こんな昔話のような、また現生で時間が止まったようなお伽話(?)を今、なぜ?と感じ、おじいさんを質問攻めにしてしまいました。

ただし、『いつ』、『どうしてか』の記憶はおじいさんにはありません。「熱田神宮の土を財布に入れておくとなんだか不思議とお金が入ってくるんだよね」と言うと、「現金で家に1億円ぐらいある。このお金をひ孫までに今のうちに分けとかんとな」と話されました。




日本昔話のような話ですか否定することもできません。先生はどう思われますか?

欲張って神の領域に足を踏み入れるのは怖いです。葉っぱ、石、枝を持ち帰るのは良くないと聞きます。熱田神宮の土を財布に入れるとお金が貯まるというのはこのおじいさんに限ってのことでしょうか?

どうして私に話しをしてくれたのか、昨年よりずっとモヤモヤしています。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©マクフライ 腰抜け PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る