陣内智則が生放送途中退場!原因は「フジテレビ」の改革?それとも「歌舞伎」?

6月15日、お笑い芸人の陣内智則がフジテレビ『ノンストップ!」の収録中に途中退席した。

午前10時頃、陣内は体調不良を訴え10時50分頃に退出した。陣内の体調は良好とのことで病院で点滴をうち元気だという。




昨月5月にはアナウンサーの小林麻耶が同じくフジテレビの『バイキング』で体調不良を訴え、病院へ緊急搬送されたこともあり、フジテレビでは2ヶ月続けて出演者の体調不良による放送中の欠席が続いた。

フジテレビは2016年3月より平日4時~19時までぶち通しで生放送番組を放送する大改革を行っており、制作するスタッフおよび出演者は疲労のピークに達しており、そのなかで発生した不幸な事故といえる。

また、真実かどうかは不明だが、陣内智則の元妻、藤原紀香は歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚し、また市川海老蔵の妻、小林麻央は小林麻耶の妹であり、つい最近になって乳がんが報道されている。「市川團十郎」「歌舞伎座」の某とは言い切れないが、またも歌舞伎関係に何らかの不運が訪れている状態ではないかと推測されている。

(文:北島あいら ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

陣内智則





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る