2018年5月1日、日本テレビ系列で放送された「ザ!世界仰天ニュース」で興味深いエピソードが放送された。

当日出演していたお笑い芸人・ビビる大木の中学時代の同級生が、日本テレビ「仰天ニュース」のスタッフにいるそうだ。同級生は中学時代からのノリでビビる大木のことを「じゅんくん」と呼んでいる。

最近判明したことだが、中居正広の小学校時代の同級生もTBSのスポーツ局に勤務しているという。中居がTBSのスポーツ局がらみの仕事をしているときに、同級生が「中居!」と昔のノリで呼び捨てにしたところ、周りのスタッフから「呼び捨てにするなよ」と一斉に注意されていたらしい。

同級生はどこにでもいる。以前弊社に所属していて今は芸能活動から引退している荻野アサミは、お笑い芸人のガリガリガリクソンと同級生であった。そのため荻野はガリクソンのことを本名で「〇〇君」と呼び、ガリクソンも老野アサミのことを「〇〇さん」と本名で呼んでいた。ちなみに筆者がレギュラーを勤めていた広島ホームテレビの「アグレッシブですけど何か?」のスタッフの女性は、ガリガリガリクソンと専門学校時代の同級生であった。

筆者の同級生も業界に就職している。中学高校と同級生であったO君は、朝日放送に勤務している。また高校時代の同級生(厳密に言うと体育の時間は一緒に受けていたが同じクラスにはなったことがない)には、シアターブルックという人気バンドを率いるミュージシャンの佐藤タイジ君がいる。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る