放送事故勃発…「水曜日のダウンタウン」で三四郎小宮、禁止用語発言!!





2018年4月18日、TBS系列で放送された「水曜日のダウンタウン」にて放送コードに引っかかると思われる爆弾発言が、編集処理もされずそのまま流れると言う放送事故があった。

今回の目玉企画は「芸人が今までで一番面白かった瞬間は誰が見ても面白い説」という、芸人が見てイチバン面白かったテレビのワンシーンをを紹介するものだった。そしてくまだまさしや三四郎・小宮が自分が見て、最高に面白かったテレビのワンシーンを披露した。




これだけなら格別問題はなかったのだが、小宮が紹介したワンシーンでは「水曜日のダウンタウン」で以前に放送された企画「ゴミ屋敷の住人、意外と何がどこにあるか把握してる説」というものであった。しかしその内容というのが、ゴミ屋敷の住人が突如ブチ切れて小宮に馬乗りになり、ボコボコにする過激なものであった。

この放送時、共演者の松本人志や陣内智則が引いてしまう展開であったが、同じようにスタジオにいた浜田雅功だけは大爆笑していた。

関連記事
バイきんぐ西村、激白…海外ロケには必ず「嫁のパンティーを持っていく!」
まるでホラー映画!『水曜日のダウンタウン』やられた…ドッキリ三四郎小宮
アニマル浜口、テレビ番組で大激怒!放送事故寸前の「怖すぎ!」その本気度

そして、ワイプの中で笑い転げる浜田を評して小宮は、「イカれている」「気が狂っている」と発言したのだ。

通常、テレビの中で「気が狂っている」という発言は放送禁止語と言われている。

精神的疾病を患っている人に対する配慮なのだが、テレビ関係者がこのことを知らないはずはない。なぜピー音も入れず、カットもせずそのまま放送したのであろうか。理解し難い行為だ。放送倫理の審議にかけられるほどの放送事故である。

(串田圭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『一九八三 [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る