【ライダーファン歓喜】菅田将暉、ファンタCM元ネタはやはりアレだった!?





今年1月からオンエア、菅田将暉が出演するテレビCM炭酸飲料『ファンタ』のCMがネット上で大きな話題になっている。

現在、好評放送中の「ダブルマサキ編」はファンタの新商品である「ゴールデンアップル&パワー」の最大のウリであるビタミンとパワフルのダブルの要素をかけあわせたファンタの魅力をわかりやすく表現。「VITAMINマサキ」と「POWERFULマサキ」の二人が合体し「ダブルマサキ」へ変身する演出となっている。

さて、この「ダブルマサキ編」であるが、放送が開始された当初から一部で圧倒的な支持を得ているという。

なぜなら、このCMが菅田の2009年に主演した特撮ドラマ『仮面ライダーW(ダブル)』へのオマージュというか、または本格的なパロディだったからである。

関連動画
【ファンタ】 ゴールデンアップル &パワー 菅田将暉 「ダブルマサキ」篇15秒 FANTA






【ファンタ】 ゴールデンアップル &パワー 菅田将暉 「二人の宣伝部長!?」篇

『仮面ライダーW』とはシリーズ初となる、2人で1人の仮面ライダー物であった。ライダー役には桐山漣と菅田がダブル主演という形でキャスティングされ、菅田は本作が連続テレビドラマへの初出演、そして初主演であった。

そのため今回の「ダブルマサキ編」に対して、放送直後からネットで「仮面ライダーWじゃん!」「懐かしい!」と大きな話題になっていたのである。

その一方、『仮面ライダーW』は前述の通り、菅田と桐山のダブルキャストだったために「こんな粋な演出だったのならば、桐山漣も呼んで欲しかった」との見解もあり、ライダーファンの間では早くも次回作CMに期待する声も多くあるようだ。

『仮面ライダーシリーズ』といえば、最近は放送時間の変更がバッシングを受けたほか、元ライダー俳優の借金問題が悪い形で注目を集めたりと、何かと暗い話題の多かったライダー界隈だった。このことからも、今回の菅田のライダーファンへの大サービスは久々の明るいニュースと言えるのではないだろうか。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©コカ・コーラ YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る