【南極都市伝説】昭和基地には小堺一機の父親が寄贈した寿司屋台がある!?

南極は常に様々なミステリーがつきまとう。例えば、「南極にピラミッドがある」や、「南極にはナチス第四帝国がある」とか、「南極にはフラットウッズモンスターのいる基地がある」など・・・本当に謎に包まれた大陸である。

2017年12月2日、TBS系列で放送された「サタデープラス」にて興味深いエピソードが披露された。

南極と言えば昭和基地が思い出されるが、そちらではある有名人の肉親が勤務したことがある。実はタレントの小堺一機の父親が料理人として、南極の昭和基地に2度行っているのだ。




小堺の父親は、寿司職人として働いていたが、南極探検隊の隊長に自ら売り込みに行った。隊員募集の時期はとっくに過ぎていたのだが、

「自分は新潟生まれだから寒さには強いです」

と言う半ば強引な主張をして隊長に気に入られてしまい、南極観測隊に行くことになった。

これが民間から初めて採用された事例になるという。

その時、持っていったのが寿司屋の屋台だ。今もその屋台は南極基地で使われており、昭和基地の寿司パーティーなどで活躍しているという。

ちなみにその屋台には「寿司一機」と記されているという。そして、屋台の収まっているケースには「小堺」と手書きで父親の名前が書かれている。

なんとなく良い話だ。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ごきげんよう 25年間ありがとうBOX~あんな人も!こんな人も!出てました!~ [DVD]』より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る