小林旭、横沢、江角…「バイキング」隙だらけの番組制作にフジの問題点集約!?





今までアトラスでは、フジテレビ系列の人気番組「バイキング」に関して番組自体の悪運伝説坂上忍の神対応などを報じてきた。

このフジテレビの代表的な番組「バイキング」のあり方に同局の問題がそのまま集約されていると指摘する人もいる。

ここ最近でも「バイキング」では様々な問題が起こっている。

かつての大物俳優、小林旭が出演した時、「昔映画の撮影で実弾を使っていた」「何もしてない人を襲うのはキチガイがやること」「銃刀法違反で警察に取り調べられたことがある」このような爆弾発言を数々ぶちかましたのだ。

他にも芸人の横沢夏子の映画主演について情報公開前に暴露してしまったり、江角マキコの愛人とされた人物の間違えた情報を報道したりしている。

いずれも責任感のないタレントの発言を制御できない。よく調べもしていないことを事実のように発表する。このような事態が「バイキング」で起こっている。

この問題点はそのままフジテレビ全体の問題点に置き換えることができる。

自らの価値観が正しい、最高であると勘違いした番組作り、タレントの無責任な発言を許すユルい番組制作の姿勢、いずれも今後のフジテレビが肝に銘じなければいけないことではないだろうか。

(隼 英人 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
たけし&とんねるず合体でも視聴率振るわず!中高年しか見ないフジテレビ
広がる宮迫アレルギー、各番組スポンサーが続々NG!?フジテレビは甘い?
フジテレビSMAP解散利用に必死!木村映画&稲垣ドラマも便乗商法?
「炎上商法」に走りすぎ?最近のフジテレビのバラエティ番組に心配の声
嵐、とんねるず、ナイナイ…などフジ視聴率低調番組を新社長が大リストラ!?

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る