とり野菜みそCMで注目、東村アキコ作品「ヒモザイル」強制終了!?の過去

今までアトラスおいて漫画家に関する様々な話を掲載してきた。

鳥山明に影武者がいるとか、いがらしゆみこの名前がパナマ文書にあったことや、自転車の事故で漫画家が亡くなった事などを報じてきた。

最近人気の漫画家と言えば、とり野菜みそを使用した鍋のCMで注目されている東村アキコが思い出される。

彼女は「海月姫」「ママはテンパリスト」「東京タラレバ娘」などで人気を集める売れっ子漫画家の1人だ。そして主な作品は映像化され、漫画ファン以外からも注目されている。




この東村だが、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたことがあった。

2015年、「月刊モーニング・ツー」(その後ウェブでも配信)で連載をしていた「ヒモザイル」と言う作品が強制的に打ち切られたという過去があるのだ。

作品がつまらなくて打ち切られたわけではない。主夫をヒモと称した表現が、男性差別だとか、男性をバカにしていると批判を受けてしまい、中途半端な形で終わらざる得なかったのだ。

この手の性差別だが、それまでは女性への差別批判が多かった。だが、この時は男性差別と言う概念も大きく変わってきており、多方から批判を受け連載中止を余儀なくされたのだ。

いやはや時代が流れてしまったものだ。今や女流漫画家が描く男性像が男性差別であると解釈され批判を浴びる形になっているのだ。

(串田圭 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
『ワイルド7』漫画家・望月三起也氏 最後まで「7」という数字に縁があった?
沖雅也飛び降り自殺した高層ホテル、何度も飛び降りる幽霊が今も!?
永井豪が悩まされた「鬼の首」の祟り?森園みるく、つのだじろうと渡った頭蓋骨写真は?
『孤独のグルメ』作者死去!影響強く前日に『妖怪ウォッチ』でパロディも…
手塚治虫氏、仕事場から大量のエッチなイラスト発見!

画像『月刊モーニング・ツー 2015年10月号 [2015年8月発売] [雑誌] (モーニングコミックス)』表紙より

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る